滋賀で自然素材の家を建てるのにおすすめ!評判の良い注文住宅業者をランキング形式でご紹介!

注文住宅を建てるなら知っておきたいトータル費用相場

公開日:2021/01/01  最終更新日:2020/11/25

滋賀で注文住宅を建築する際、最も気になるのは費用のことではないでしょうか。家の建築では、依頼する住宅会社の選び方やローンなどいろいろ費用がかかります。普通の買い物と異なり生涯に一度になる大きな金額なので費用は最も重要なポイントです。今回は、注文住宅を建築するときにかかる費用相場や内訳、抑え方から資金計画までお話しします。

注文住宅の金額の内訳と費用相場について

注文住宅を滋賀で買うときには、理想の建設費と土地取得費を事前に把握しておくことが大事です。建設費は大きく3つに分類できて、その一つが建物本体の工事で約70%にもなります。それ以外に外構や電気・ガス・上下水道などのインフラ、地盤改良などもあってこれは全体の20%ほどです。諸費用は不動産登記や設計費、これ以外に引っ越し代や新しく買った家具代などもかかりますし、上棟式や地鎮祭にあいさつ回りの時の粗品なども諸費用に含み全体の10%ほどです。

建設費の相場は全国平均で3,312万円ぐらい、これも建築工法や地域性で変動しますが大体の基準になります。土地取得費は土地そのものの価格、諸費用で仲介手数料・印紙代・登録免許税料などが必要で、土地購入代金の5%です。住宅と一緒に土地も買うときは、建設費と土地取得費を用意しないとなりません。

注文住宅の費用をどこから調達するか考えるときに、融資金と返済額をあらかじめ理解しておいた方がよく、融資金は金融機関から借りるお金で住宅ローンも調達法の一つです。返済額は住宅ローンを利用したときに返済するときのお金で、一般的に年数が長くなり元金とあわせて利息も返済するため借り入れた金額と実際に返済する金額も把握しないといけません。この返済額をきちんと把握しておかないと、最初は無理なく返済ができていても途中で何かあったときに返せなくなります。

単価の相場と金額が変わる部分について

滋賀で注文住宅を建築するときに失敗しないためには先に坪単価を調べておくことが重要で、これは1坪あたりの土地価格や、家の本体価格を延べ床面積で割った金額を指します。一般の人だとあまりイメージが湧きにくいですが、たとえば部屋の床・廊下・階段などの面積も含めて計算したものです。

似た言葉に施工面積がありますがこれだと玄関・押し入れ・ベランダなども含み、坪単価でも延べ床面積を基本にした計算と、施工面積だと金額がかなり違ってきます。住宅メーカーの提供する坪単価を比較するときにこの部分の違いに注目しするとわかりやすく、全国的に建設費はそれほど大きな違いはありません。

ただ、住宅と一緒に土地も購入してから比べると基準となる坪単価の全国平均だと115.3万円で、一番高いのは東京都の186.4万円です。これは便利な場所で土地価格が高いことが理由です。ちなみに滋賀だと平均18万5016円で建物以上に土地選びは重要です。

建物本体の工事費以外にも、設計費・諸経費が必要ですがこれもハウスメーカーなどの経営方針で価格設定にも少し違いがあります。設計士に直に依頼すると設計料は平均相場よりも高額になりやすいです。

諸経費には仲介手数料・住宅ローンの利息・不動産登記で司法書士に依頼する登記費なども含み、これも契約先や地域で価格に差が出ます。他にも引っ越し代や新しい家財道具なども含めると、思った以上に予算がかかることもあるので予算を組むときも余裕を持たせた方がいいです。場合によっては注文自体をキャンセルすることもあり得るため、キャンセル料についても確認しておくと安心です。

費用を抑えるコツと資金計画の立て方

自由度が高い家造りが可能なのが注文住宅の魅力ですが、コツを掴んでおけばコストも抑えながら優れた住宅が建築できます。たとえば家の形も四角い形にまとめ、2階建てなら1階と2階も同じ広さにすることで内部構造と外壁工事が簡素化できるのでコストダウンにつながります。

他にも室内の壁をできるだけ少なくしワンフロアにするのもよく、インフラだと台所・風呂場・トイレなど水回りをまとめると上下水道の配管工事費削減になります。収納はウォークインクローゼットを活用し、家具を買わずに大きい棚を内装工事で設置すれば総合的な費用も下げられます。ドア・壁・床などは既製品を使いアクセントをつければ見栄えも変わりません。

資金計画を最初にしっかり立てていくことで月々の返済も無理なく行え、入居してから後悔などもしません。資金計画では住宅ローンの組み方と頭金が重要で、ローンは借入額に応じた利息が加算されるため返済総額がかなり違ってきます。この時頭金を入れると返済額も抑えられて利息分の支払いも減らせます。頭金の目安は購入予定の物件の総額の1割か理想なのは2割で、しっかりと準備をしておくと住宅ローンを申し込むときにも金利面で優遇されたりします。

ローンの契約の平均年齢は約37歳で平均年収は800万円、借入額は平均2,434万円で返済年数は23.4年です。実際は繰り上げ返済を行い完済までの期間は平均で13.9年まで短縮可能ですが、購入に向けしっかりと資金調達を行い、返済計画を立てておくことが大事です。

 

滋賀で注文住宅の予算を組んで余ったときには、こだわりたいと思った部分や設備などのグレードを上げて再検討するのもおすすめです。住宅購入費以外の家具などの新調、または今後のリフォーム代などとして貯蓄などもよいです。状況次第では繰り上げ返済に使うのも早く返せるのでいい方法です。

おすすめ注文住宅業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社木の家専門店谷口工務店華建築ルポハウス住友林業湖都コーポレーション
特徴「100年生きる家」を目指した家づくりおしゃれで快適、そして地震に強い家づくり設計士に直接相談できるデザイナーズ住宅木の力を活かす先進技術で耐震や断熱に優れた家づくり心からリラックスして過ごせる至福の一棟を提案
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧