滋賀で自然素材の家を建てるのにおすすめ!評判の良い注文住宅業者をランキング形式でご紹介!

1000万で注文住宅を建てる!安く抑えるためのコツとは

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/11

滋賀県でマイホームを建築したいと思ったときに問題なのが予算です。充分な資金があればいろいろな要望も実現できますが、資金がない場合だとそうはいきません。ローコスト住宅ならば1000万の注文住宅も可能です。この記事では安く抑えるためのポイントや予算の考え方、メリットなどを紹介していきます。いい家を建築するために参考になれば幸いです。

1000万の注文住宅のメリットやメーカーの精査について

滋賀で1000万円の注文住宅を建築するメリットは、予算が低いので資金繰りでは負担が少ないことがあります。まずローンの審査が通りやすく毎月の返済額も少ないですし、生活にも余裕ができて年収が低い若い世代でも新築一戸建てが買えます。しかし高額な家だとローンの審査が通りにくいことや毎月の返済が大変なため、希望の家を建築しても高額なローン返済が家計を圧迫することもあります。資金繰りに余裕がある1000万円の家なら家計も楽で、精神的なゆとりも生れます。

一般的に住宅の建築費は建物だけでも2,000〜3,000万円程度の資金が必要ですが、1,000万円以下〜1,000万円台でも建築可能なローコスト住宅が人気です。通常、建築費には材料費・人件費・諸経費から構成され、無駄を徹底して省くことで費用を抑えて比較的安価な費用で建築できるのが魅力です。

一般的に広さは35坪程度で坪単価は20〜40万円台が多いです。ただし値段が安い分、よい家にするためには工夫も欠かせません。まず、重要となるのが依頼するメーカーの精査で、住宅メーカーも全国規模の大手から地域密着型の工務店まで規模や形態はいろいろです。

低価格でも品質がいい住宅を建てるには情報収集から行い、ハウスメーカーへ資料請求して相見積もりをとって比較します。住宅には定価がなく同じ間取りでもメーカーよって仕様や施工方法が異なるので値段も違います。1社のみ見積もりをとっても価格が適正かを判断できないので、複数社から相見積もりを取ることで値段の違いやメーカーのサービスや提案の良し悪しがわかります。

安く抑えるには作りはシンプルにしてコストを下げること

滋賀で1000万円の注文住宅を建築するには、シンプルな構造にしてコストダウンをすることが重要です。家は複雑な造りだと工数が増えて資材ロスも出てくるなどコストが上がるので、なるべくシンプルな造りにすることで費用を抑えられます。家の形もシンプルな箱型にして外壁の表面積を少なくすると、下地材や仕上げ材に使う材料や工事の手間も減らせますし、角が少ない方が資材も少なくて済むのでコーナー処理にかかる手間も省けます。

屋根の形は単純なデザインである片流れや切り妻屋根にして、傾斜もできるだけ緩やかな方が安いです。間取りは部屋が多いほど壁の材料費がかかって、部屋ごとに照明や建具も必要になりそれだけ費用がかかるので、広めの部屋を少なく設置する間取りがおすすめです。キッチンやトイレ、ふろ場や洗面所などの水回りはなるべく近いところでまとめて配置し、給排水管などの設備を節約できるのでコストダウンができます。

たとえば洋風住宅で一つだけ和室にすると畳や障子など其処だけに使う建材が必要なので、材料費が割高になります。洋室だけにすれば費用も削減可能です。家の形以外にも予算が限られるので、設備に関してのグレードもできるだけ抑えていきます。外壁塗装も等級を下げることで費用も抑えられて、紫外線対策のコーティングがなかったりしますが住むには問題はありません。室内の設備もキッチンやトイレ、ふろやサッシなど設備機器もメーカーの指定をしないで施工会社が安く仕入れるルートがあるので、そこのメーカーを使ったほうが安くすみます。

ローコスト住宅でも建築費以外にコストはかかる

1000万円の家を滋賀で建築するときに注意したいのが、建築費以外にも費用がかかることです。ローコスト住宅だと広告で表示している金額はぎりぎりまで下げている値段のことがほとんどです。家を建築するには建物本体の工事費、付帯工事費や諸費用がかかりますが、広告には建物本体の工事費だけで表示されることも珍しくありません。

本体の工事費以外にも外構工事や諸経費が20%ほど上乗せされるので注意しましょう。標準装備の住宅設備機器もグレードが低くて、最安値のものを使うことが前提で表示価格を組んでいるので、その場合は使い勝手がよくない設備機器なこともあり、グレードを上げると価格も高くなる可能性があります。通常だと標準仕様の部分もオプションになることもあり、和室やコンセントなどを増やすとオプションとして料金がかかるので確認が必要です。

予想外の出費も発生するので、安く済ませたくてもぎりぎりの予算ではなく最低でも10%程度資金に余裕を持たせておくことが大事です。長く住む家を保つには建築費以外にも、定期的にリフォームやメンテナンスをしないといけません。予算を組む時にこの維持費についても考えておきましょう。

一般的に価格が安い外装塗料や屋根材だと、高性能・高品質で価格が高い物と比べて耐久性面では劣ります。リフォームやメンテナンスを頻繁にしないとならないものや、将来的には高額な費用がかかるグレードなら避けた方がいいです。安価でもできるだけ耐久性がいいものを選ぶことも重要です。

 

1000万円の低予算で滋賀で満足できるマイホームを建築するには、いくつかのポイントがあります。資料請求と相見積もりをとってメーカーの精査をすること、間取りをシンプルにして設備などのグレードを抑えること、将来に備えてライフサイクル変化に対応可能な設計、また安全性や快適性に関しての予算は押さえないことも大事です。

おすすめ注文住宅業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社木の家専門店谷口工務店華建築ルポハウス住友林業湖都コーポレーション
特徴「100年生きる家」を目指した家づくりおしゃれで快適、そして地震に強い家づくり設計士に直接相談できるデザイナーズ住宅木の力を活かす先進技術で耐震や断熱に優れた家づくり心からリラックスして過ごせる至福の一棟を提案
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧