滋賀で自然素材の家を建てるのにおすすめ!評判の良い注文住宅業者をランキング形式でご紹介!

注文住宅を建てたら必ず加入したい保険とは

公開日:2021/10/15  最終更新日:2021/12/06


注文住宅を建てたなら、必ず加入したい保険があります。しかし「何に加入したらいいのか」「どうやって保険を選んだらいいのか」など、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そこで本記事では、注文住宅を建てたら入りたい保険の種類や特徴について詳しく紹介します。注文住宅を建てる予定の方は、ぜひ参考にしてください。

住宅関連の保険の種類

注文住宅を建てたら住宅にかけられる保険は火災保険、地震保険、家財保険の3種類あります。簡単に1つずつ紹介します。

火災保険

火災保険とは、火災による被害の補償はもちろん、火災以外のものの補償も充実しているようです。火災以外のものについては次の章で紹介します。

地震保険

地震保険とは、火災保険で補償がされていない地震や津波、火山の噴火が原因でものが壊れてしまったり、火災が起きてしまったりしたときの被害を補償するための保険です。

また、地震保険は火災保険に加入せず地震保険のみの加入はできないため、火災保険と一緒に加入する必要があります。しかし、大きな地震や津波などの大災害が起きた際に備えておくことで非常に役に立つ保険であるため、火災保険とセットで加入することをおすすめします。

家財保険

家財保険とは、家具や家電製品などの損害を補償してくれるようです。火災が起きてしまった際の家財を修理したり、新しく買い替えたりしないといけない場合はかなりの自己負担費用がかかるため、火災保険とセットで加入することをおすすめします。

また、家財保険の種類によって火災以外の日々の生活で起きてしまった損害賠償にも適用されるものもあるので、加入する前にどのような補償がついているのかしっかり見極めることをおすすめします。

火災保険は活用できる範囲が広い

火災保険は火災以外の補償も受けることができるようです。火災保険は火災が原因で建物や家財が損害を受けた時に補償を受けること以外に風災、住宅の破損や盗難などの損害も補償をしてもらえる保険があります。火災保険は保険の種類によって変わりますが、住宅をいろいろなトラブル、損害リスクから守るため、非常に活用できる範囲が広い保険です。

地震保険って必要?

この章では地震保険は加入したほうがいい気がするけど、本当に必要なのかという風に悩んでいる方に向けて補償内容、金額面について詳しくお伝えします。地震保険は単体で加入できず火災保険とセットで加入する必要があるため、保険の内容や金額についてしっかり見極めることがポイントです。

地震保険の補償内容について

地震保険の補償内容は、地震や津波が原因で起きてしまった火災の場合に保険金が支払われます。保険料を受け取るためには、まず被害状況を直接または被害直後の写真を確認してもらう必要があります。直接確認し調査結果が出た後に支払う保険金を算出する流れになるため、被災が起きたらすぐに加入している保険会社に連絡することが大切です。

地震保険の金額について

地震保険の金額は都道府県によって変わります。地震保険の保険料はどこの保険会社で加入しても金額は同じなので補償内容を確認することが大切です。また、受けられる保険金額は火災保険料の30%〜50%で設定を任意で行います。地震による被害はかなり大きいため、国からの保険料は極まって抑えられています。

地震保険に加入するべき人について

地震保険に加入するべき人は、被害にあった際に収入がなくなってしまう可能性がある人、住宅ローンを支払い終えていない人、貯金をしていない人が主に当てはまるようです。地震が原因で火災が起きてしまった際に補償を受けることができず、家財の買い替えや建物の建て直し費用などかなりの自己負担費用が発生してします。

今回お伝えした3つの条件に1つでも当てはまる方は、地震保険に加入することをおすすめします。

家財保険はどんなときに役立つ?

家財保険はさまざまなトラブルや自然災害で影響を受けた家財に損害が起きた場合、保険金を受けることができるようです。家財保険は主に家財の損害や修理費用、賠償責任について補償を受けることができます。この章では家財保険がどんな時に役立つのか紹介します。

まず、火災の時です。隣の家からの火が原因で火災が起きた際に、影響を受けた家財の損害が補償されます。また、破裂や爆発した時にも家財保険が役に立ちます。ガスやスプレー缶の爆発などで影響を受けた家財の損害が補償されるようです。

さらに、大雨や台風、津波による水害被害で影響を受けた家財の損害が補償されます。また、上の階からの水漏れや水道管の破裂の水被害の場合も補償を受けることができます。

ほかにも、家から運ぶために持ち出した家財が家財保険の対象のものの損害は補償されるようです。たとえば、引越しの際に運んでいる家財が壊れてしまった時などがあります。また、玄関ドアや窓ガラスを空き巣によって壊されてしまった場合、家財保険では修理費用の補償を受けることができます。

 

今回は、注文住宅を建てたら必ず加入したい保険の種類や保険の特徴について、詳しく紹介しました。自分にとって何が必要か、何に備えるべきなのかをしっかり考えてから加入することが大切です。もちろん今回お伝えした3つの保険すべてに加入すれば安心できますが、どのような補償内容なのかしっかり相談して保険を選ぶことをおすすめします。

おすすめ注文住宅業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社木の家専門店谷口工務店華建築一条工務店ルポハウス住友林業
特徴「100年生きる家」を目指した家づくりおしゃれで快適、そして地震に強い家づくり家の大部分を自社で工場生産設計士に直接相談できるデザイナーズ住宅木の力を活かす先進技術で耐震や断熱に優れた家づくり
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧