滋賀で自然素材の家を建てるのにおすすめ!評判の良い注文住宅業者をランキング形式でご紹介!

注文住宅でよくある失敗談|予算や間取りに要注意

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/11/19

滋賀県は広く注文住宅を受付けてくれる工務店もたくさんあるため、予算や自分が建てたい注文住宅の技術を有する建築会社を探し出すことは簡単です。ただ、この時にいくつか注意しなければならないポイントも存在します。そこで今回、滋賀県で注文住宅を建てる際に失敗することが多い予算や間取りの注意点についてお話しします。

滋賀県での注文住宅で気にすべき予算

注文住宅とは、簡単にいえばオーダーメイドの家のことを指します。それに対して建売住宅は販売者側がすでに建てられた家のことであり、両者を比べた場合に、注文住宅の方が使いやすさや、個人のこだわりを反映させやすいという点で大きいメリットがあります。ただし、それと引き換えに打ち合わせ時間が建売住宅に比べて何倍の大きくなってしまうことや、使いやすさの面にはメンテナンスについて10年、20年先のことまで見こさなければならないなどのデメリットも出て来ることは理解しておかないといけません。

そして、その中で最初に注意すべき失敗しやすい点が予算の問題です。滋賀県でよい条件の建築会社を探すことは簡単ですが、予算の部分は注文主である自身がしっかり管理しないといけません。オーダーメイドの家であれば、その分自分のこだわりをどこまでも反映させることができます。これは、予算に糸目を付けなければ、どこまでも高額の機材を投入できるということを意味しています。

当初、自分がよいと思って指定した物に対し、業者側がもっとよい条件の方法を提案し最終的に予算が倍以上になってしまうというようなことは珍しくありません。逆にいえば予算を削ろうと思えば、どこまでも削れるということでもありますが、だからといってほかを削り過ぎてしまうのもまた問題です。そういった点を勘案するのであれば、自分が譲れない最優先事項とそのためにどの程度の予算が許容できるのかという点を、事前に必ず明確化した上で住宅建築をすることをおすすめします。

注文住宅ではなぜ間取りに注意しないといけないのか

滋賀で注文住宅を考える場合、その注文住宅に一人で住むのか、それとも家族で暮らすのかで変わってくる部分もありますが、少なくとも家族で暮らす場合には必ず全員の都合を聞いた上で、生活動線を把握しておくことを強くおすすめします。

たとえば高齢の両親と住む場合で、手摺を付けるとしてもむやみにいろいろな所に手摺を付けてしまうと使う本人に逆に負担を掛けてしまうようなことがあります。ほかにも、違う家族が急いでいる時に手摺に体を打ち付けてしまい怪我をしてしまったというようなケースにもつながってしまうことがあり、丁度よいバランスを考えないといけません。

また、メルヘンな子ども部屋を作ってみたところ、成長してみると違和感があり改めて作り直さなければならなくなってしまったということも少なからずあります。予算の面ともつながりがありますが、これ以外にも旅館やホテルの設備に感動し、家に同様の設備を導入したがボイラーなどが想像以上に大きくて邪魔になってしまった上にメンテナンス代が想像を上回る額になったなどというケースもまれにあります。

もちろん、実際住んでみないとわからない面があるのも間違いないですが、アミューズメント性などとはまったく別の視点で、まずは同居する全員が使いやすいかどうかという点で、間取りについては必ず慎重に検討してみることをおすすめします。一人で考えた場合、ある程度の部分までは予想できたとしてもやはり死角は必ずできます。場合によっては、業者視点で意見をもらった方がよい場合もあるのでその部分は必ず意識するようにしてください。

妥協ラインと死守ラインははっきりと

滋賀で建築会社を選定する際のポイントでもありますが、予算面については最初の段階で上限を伝えた上で、複数のプランを提案してくれる会社を選んだ方がよいでしょう。建築の際の連絡の行き違いや、下請け業者による中抜き工事などの発生防止のため、全工程を一括で請負ってくれる工務店であれば理想的といえます。ほかにも、工事を失敗してしまった際に賠償してくれる保険に入っているかどうかや、アフターフォローをどの程度まで請負ってくれるのかという点も必ず確認するようにしてください。

その上で、家を建設する際に、ある程度の妥協ラインと絶対に妥協したくないラインの2つを明確化しておくことがとても重要です。注文住宅は安い買い物ではないので、必ずどこかで妥協しなければならない点は出てきます。その際にどこを妥協して、どこを死守したいかを決めておけば取捨選択の速度が上がります。

ほかにも、この機材でなければ困ると当初は思っていたけれど、説明を聞いてみるとそれよりもグレードが下がる機材で充分代用可能という事実に行き当たるようなことも少なくありません。一人ではなく家族と暮らす場合には、さらにほかの人の都合も入ってきますので変更しなければならない点はもっと増えると考えた方がよいでしょう。そういった点を勘案するならば、特定の予算の範囲内とほかの家族の都合の2つの間で、どの程度の自由の余地が確保できるものなのかということで考えを整理すると、かなりわかりやすくなるといえます。

 

予算上限を決めた上で、注文住宅建築に当たらないとオーダーメイドな分だけどこまでも値段が吊り上がってしまうリスクがあります。間取り面でも、家族の生活動線や10年、20年先の生活スタイルのことも考えないと完成したもののメンテナンス性や使い勝手の上で問題が出てきてしまいます。そういった点を勘案して、必ず複数の人の意見を聞くことと、死守したい部分と妥協できる部分の2点を明確化することを強くおすすめします。

おすすめ注文住宅業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社木の家専門店谷口工務店華建築ルポハウス住友林業湖都コーポレーション
特徴「100年生きる家」を目指した家づくりおしゃれで快適、そして地震に強い家づくり設計士に直接相談できるデザイナーズ住宅木の力を活かす先進技術で耐震や断熱に優れた家づくり心からリラックスして過ごせる至福の一棟を提案
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧