滋賀で自然素材の家を建てるのにおすすめ!評判の良い注文住宅業者をランキング形式でご紹介!

注文住宅づくりはこんな業者に要注意!優良業者を見極める方法

公開日:2021/01/01  最終更新日:2020/11/25

滋賀県は広く、注文住宅作りを請負ってくれる業者はたくさんあります。ただし、数が多いという事はその分それぞれの業者ごとに特徴があるという事であり、中には相性が悪い所や根本的な部分で質が悪い業者も残念ながらあります。そこで今回、滋賀県での注文住宅建築に際して、優良業者を探すコツをお話しします。

滋賀県内で注文住宅建築を思い立った時に確認すること

滋賀県を含めて全国共通となりますが、注文住宅を請負ってくれる会社には工務店とハウスメーカーの2種類がある事を知っておく必要があります。まず、工務店は「住宅だけではなくいろいろな工事全般を請負っている会社」と思ってください。都道府県を超えて、全国展開している様な会社もあれば、社員数名で小さな経営をしている会社までいろいろあります。全体的な傾向として地域密着型の店舗がとても多く、ハウスメーカーにお願いするよりも経費が安く抑えられる事が多いのがポイントです。宣伝広告費等を掛けない分だけ料金を安くできるという事で、こだわりが多い人に対して柔軟な対応をしてくれる事も見逃せません。

してハウスメーカーの方は、工務店と違い「住宅専門に工事をしている専門会社」の事を指します。モデルハウスを全国展開で出している所も多く、全国共通で会社の宣伝広告を見る様な事も少なくありません。全国展開する住宅ブランドとして完成している所が多く、できる住宅の品質は高性能で安定している場合が多いです。最新技術の導入もされていますし、サポートの点でも申し分ありません。

工務店とハウスメーカーのどちらがよいかは、一概にはいえませんが工務店の場合は「割安と自由度の高さ」がメリットであり「倒産のリスクがある事とサポートがハウスメーカーに一手遅れる事が多い」のがデメリットといえます。そして、ハウスメーカーの方は「品質の安定性とサポート力の高さ」がメリットで「全般的にすべての工程が高くなる」という事がデメリットと思っておくとよいでしょう。

業者選抜の際に選抜基準にすべき点について

まず、単純に「自分が求める理想の家」を作るのに充分な条件を備えているかをチェックしてください。注文住宅は自由度が高い分だけ、いろいろなタイプがあります。和風テイスト1つ取ってもたとえば武家屋敷風から古民家風まで、ジャンルは多い物ですし西洋式であっても、南欧式であってもそこは変わりありません。

現実問題として出せる予算の限度額を明確化した上で、自分が欲しい家に近いイメージをHP等にある施工事例等を参照に選び出すのが第1歩となります。どんな工法を使うのか等も昨今は、HP等に書いてありますので、その辺りもチェックしておくのも悪くありません。

次に「新築住宅を中心で仕事をしているか」という点を、必ず確認する事をおすすめします。とくに工務店に依頼する場合は重要ですが「新築住宅を専門にしている事」と「新築住宅も扱っている事」では意味が随分違います。新築住宅だけで成り立っている会社は、その分多くの実績を積んできている会社である事が多く、技術力も豊富であるケースが少なからずあります。ちなみに、1番理想的なのは「新築住宅を専門としつつ、リフォームも必要に応じて行っている」というケースと思ってください。

後はスタッフの対応とアフターフォローも、しっかり確認しておきたい点です。たとえば、見積もり書の説明等を詳細に書いてくれたり、わからない部分は時間を掛けて丁寧に対応してくれたりするなど、相性が合うスタッフの有無は家づくりで見逃せないポイントになります。何かしらのトラブルがあった場合の瑕疵保険が充実した会社であるか、無料保証がいつまで持つかという点の方も後で大きく響きますので、必ずチェックすることです。

依頼を避けた方がよい要注意業者について

簡単にまとめるならば、「選抜基準に該当しない業者」はNGと考えておけば齟齬がありません。たとえば見積書の内容が不明瞭である、スタッフの対応が雑な気配があるところは避けた方が賢明です。

しっかりした会社であれば、材料代から技術料に至るまで詳細な見積書を出してくれます。ただ、残念ながら大雑把に、「A+B+C=総額」という様なタイプの物を提示してそれで済ませてしまうケースもないではありません。その場合は、中抜き等が発生してしまう心配は否めません。

他にも、工事以前に社会人として問題があったり、やる気を感じられない様な気配を感じる所であったり、お店の中を観察すると清掃が行き届いていない様な会社も、他の部分でも同じ対応をされてしまう場合があると見なせます。

ちなみに「仕事の質に問題はないと思うが、自分とは相性が悪い」と感じたらそういう会社も除外対象です。一生ものの買物になりますし、緊張を強いられる場面も多い注文住宅作りにおいて、ストレスが増える様な相手が居るのはデメリットの方が大きくなります。気心が知れるとまでは行かないまでも、互いに意見を遠慮なくいい合える程度の関係性はできれば欲しいところです。

また、下請けに仕事を回さないで自社で一括施工している会社に依頼する事もポイントになります。間に下請けが入ってしまうと、伝言ゲーム状態になってしまう目算があり、自分の意図が実際の施工担当の会社まで正しく伝わらないリスクが一定以上昇って来ます。「質が悪い業者」という事に、必ずしも直結しませんが、会社選びの際にはこういった伝言ゲーム状態防止の事もしっかり考えておいた方が堅実です。

 

ハウスメーカーと工務店の違いを熟知した上で、「新築住宅を専門としアフターフォローを完備していて、スタッフの対応がよくて自分との相性がとてもよい会社」を選抜すれば理想的です。逆に、「新築住宅は兼業で行っており、スタッフの仕事も雑で自分との相性が悪くアフターフォローも不安」という様な会社は避けた方が賢明になります。後はその上で、下請けの介入度合が低い一括施工の会社をできるだけ選べば完璧です。

おすすめ注文住宅業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社木の家専門店谷口工務店華建築ルポハウス住友林業湖都コーポレーション
特徴「100年生きる家」を目指した家づくりおしゃれで快適、そして地震に強い家づくり設計士に直接相談できるデザイナーズ住宅木の力を活かす先進技術で耐震や断熱に優れた家づくり心からリラックスして過ごせる至福の一棟を提案
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧